column

オンラインダイエットでの運動指導⑤:長時間運動が全てではない 結果に繋げることが大事:その秘訣とは

オンラインダイエットでの運動指導⑤:長時間運動が全てではない 結果に繋げることが大事:その秘訣とはサムネイル画像

この記事ではトレーニング(運動)を行う時間の長さについてお伝えしていきます。

運動の時間はどれくらいしなければいけないの?と疑問に思っている方はいるでしょうし、わからないまま運動している方もいらっしゃると思います。

時と場合とトレーニングの組み方によっては時々長時間の運動を取り入れることが結果へ大きく繋がることもありますが、社会で生きていれば長時間の運動をできる時間などとても頻繁につくれるものではないのが現実です。

私のオンラインダイエットでは時間がない方でも結果へ導けるように1時間前後の運動時間でもできる内容で伝えております。

そもそも人間の集中力は何時間も持つものではありません。

集中力が持つのは、せいぜい1時間~1時間30分くらいではないでしょうか。

運動時間が長ければ長くなるほど集中力と出力は落ちていきます。

時間を1時間前後で決めて、無駄を省き、必要なことだけを取り入れて短時間でスパッと終わらせるほうが効率的な場合が多いのです。

運動時間については前回の記事(オンラインダイエットでの運動指導④)でも少し説明させていただきました。

初心者の方で最初は運動時間が1時間30分以上かかっていたとしても慣れてペースができてくれば同じ内容で1時間かからないくらいで終わるようになってきます。

大事なことは運動の量や時間だけではありません。

“結果に繋がることができているか” が最も重要なことです。

もし長時間のトレーニングを行ったとしても目指す結果が出るほうへ向かっていなければ、結果には結びつきにくくなります。

継続期間がある程度長くて運動に慣れている人なら30分~45分の運動時間でも結果へ繋げる運動を行うことも可能なのです。

実際に私自身も1時間くらいのトレーニングを長期間試してみました。

その間は長時間の運動を1回も行わず、全て1時間10分前後で運動を行ってきましたが、しっかりと結果に繋げれることができたと確信しております。

時間がないときこそ結果に繋がるためのトレーニングが効率良くできているのです。

美しいボディラインになるという結果に繋げるためには、結果に繋がるためのポイントと押さえていく必要があります。

あなたの環境や状況に合わせて、結果に繋がるためのポイントを抑えていれば短時間のトレーニングでも美しいボディラインを創るためのダイエットを成功させることができるのです。

一覧に戻る