column

オンラインダイエットでの運動指導⑦:腹筋が最重要筋肉! 腹筋鍛えて美しくなる:なぜ腹筋なのか

オンラインダイエットでの運動指導⑦:腹筋が最重要筋肉! 腹筋鍛えて美しくなる:なぜ腹筋なのかサムネイル画像

筋力トレーニング、有酸素運動、トレーニングパターンの組み方、運動の頻度、時間、柔軟性などについてオンラインダイエットでの運動指導を解説してきました。

ここでは一番大事な筋肉はどこか?について解説していきます。

動物性たんぱく質をしっかり採るの記事で、全ての栄養素をバランス良く摂ることが重要ですが、その中でも最も大事な栄養素は動物性たんぱく質だと私は考えていることを説明いたしました。

筋肉も同じで、美しいボディラインを創るために鍛えなければいけない主要となる筋肉は複数あります。

主要の筋肉はボディメイクにおいて全てをバランス良く鍛えることが重要ですが、その中でも最も中心となる筋肉は “腹筋” だと私は考えております。

これは私の長年の経験と感覚、たくさんの人を見てきて行き着いた考えです。

その理由を解説していきます。

腹筋はお腹の筋肉なので身体のほぼ中心のあたりにあります。

他の箇所に比べて中心あたりが引き締まっていなければ身体は美しく見えません。

逆にお腹が引き締まっていれば他の箇所もキレイに見えやすくなります。

単純なようですが、これはすごく大事なことです。

ここからはかなり私の独自の理論が入りますが、私は腹筋が強くなれば基礎代謝がアップすると感じています。

腹筋を多く鍛えて強くすれば身体全体が活性化しやすいと私は思うのです。

よく考えていただきたいのですが、お腹が引き締まっている人で、お腹以外の箇所がダボついている人は今まで見たことがないと思いませんか?

逆に脚や腕がムキムキであったり、引き締まっているのにお腹が出ている人はたくさん見たことがありますし、ジムにもそういう人はたくさんいます。

そう考えると腹筋を鍛えることがどれだけ大事なのかがわかります。

ダイエットのために運動をはじめて脂肪が落ちていく過程として、末端から少しずつ落ちていき、お腹にまわってくるのは最後だと言われております。

それだけお腹には脂肪がつきやすく、また脂肪を落としにくいのです。

しかも腹筋は他の箇所に比べて普段の私生活で使われにくい筋肉です。

そして回復するのも一番早い筋肉なので他の箇所よりは少し強めに鍛えていく必要があるのです。

腹筋には複数の箇所がありますが鍛え方や意識の仕方によって鍛えられる部位が違ってきます。

オンラインダイエットでの運動指導⑥では1日置きくらいの運動頻度がちょうど良いことを解説しましたが、トレーニングの組み方によっては腹筋だけは週5回くらい行ったほうが良い場合もあります。

美しい身体を創るためにはお腹を引き締めることは絶対条件と言っても過言ではないのです。

一覧に戻る